PSO2 アドバンスクエストでレベル上げをする時の基本的な講座。

アドバンスクエスト レベル上げ

何故、アドバンスクエストのレベル上げ効率良いのか?

・いつでもクエスト受注可能なレベル上げに最適なクエスト。

・常時に、経験値100%ブーストがかかっているため、経験値が美味しすぎる!

・他のクエストより、レアエネミー・タガミカヅチが出現しやすい。(経験値がドッバーと入る)

ソロor4人PTで行く場合は?

ソロで行っても、経験値が美味しいのは確かですが。

4人PTの味を覚えてしまうと、ソロで行っていたのが馬鹿らしく思えてきます。

ソロで出動するならやっておきたい事。

NPCを3人、絶対に呼んでおきたいですね。

呼び方は『キャンプシップ』から『パートナー呼び出し端末』から可能。

PSO2 アドバンスクエスト

「何故、NPCを3人呼ぶ理由?」

それは‥、(NPCの)PTだと、メセタ・レアドロ・経験値に25%のブーストがかかるため。

プレイヤー4人PTの特典。

NPCではなく、プレイヤー4人PTの場合。何故、経験値が美味しいのか?

・プレイヤーが4人の場合、メセタ・レアドロ・経験値に40%のブーストがかかります。
この時点でソロとは違い、ブーストが15%の差が開いていますね。

・エネミーの出現率がソロとは大きく違い、多くのエネミーが出現します。
エネミーが多く出現するという事は、『PSEバースト』という物も稼ぎやすくなるという事。

・PSEバーストがソロの場合だと。

エネミーが最大1体しか沸かない。

・PSEバーストがプレイヤー4人の場合。

エネミーが最大4体沸く。

この差は異常に大きく、PSEバーストが30分続き場合などがあるときは、ソロと4人PTの場合だと、4倍以上は大きく変わるということなので、「ソロでやっていたのが馬鹿らしく思えるのは当然ですね」

PSEバースト時に必要なアイテムとは?

絶対に必須とかでは無く、アドバンスクエストを行く際に、持っていたら便利な物。

遠距離武器

ソロの場合は近距離武器でも、遠距離武器でもなんでも構いません。

PSO2 アドバンスクエスト

これはプレイヤーが3人~4人PTの場合。

PSEバーストが発生すると、固定位置を決めねばなりません。

固定位置を決めた後、3人~4人同じ位置に立ち、遠距離武器に変えてエネミーを倒すのが基本的な行動となります。

「別に近距離武器でも良くね?」と思われますが。

エネミーを倒しに行く際に、PTプレイヤーが自分が狙っていたエネミーを狩り、自分の行動が無駄になるため。

PB(マグ)は大事。

アドバンスクエストでなくとも、PBってよく使われるけど、アドバンスクエストでは絶対に持っておきたいですね!

マグはこの2種類のどちらかを所持しておきましょう。

『ケートス・プロイ』か『ユリウス・ニフタ』

PSO2 マグ

・ケートス・プロイ

一定時間PPの回復速度が増加される。

3人~4人PTでバースト中などにはよく使われています。

・ユリウス・ニフタ

ゾンディールの広範囲バージョン。

エネミーを早く殲滅できるPB(マグ)。

個人的には、ケートス・プロイのが扱いやすいと思うので、初心者の方はケートス・プロイを所持しておきましょう!

マグのフォトンブラスト(PB)の取得方法と。おすすめのPB。

VHorSHどっちを選択?

正直、VHの方がエネミーが弱くて、VHの癖に経験値が多く入っているので、レベリングをするだけの場合は、VHで十分です。

そしてVHだと、カプセルにも優しいので…という理由ですね。

『アドバンスクエスト』で特定のカプセルを稼ぐ場所について。

アドバンスクエストでしか入手不可能なPAが欲しい場合とかなどは、SHに行くと良いでしょう。

VHでリスクを上げる場合は、7~8まで上げるのが良いでしょう。

『アドバンスクエスト』リスクを上げる。メリットとデメリット?

レベル上げに持ってこい!のMAPは?

・1位,市街地

地形が一番安定しているMAPであり、バースト時地形が安定している場所を確保しやすいため。市街地が最強だと思いましたね。

・2位,森林

とにかくエネミーが弱くて狩りやくて、経験値も申し分がない。初心者の方なら、森林でレベル上げをおすすめする。

・3位,浮遊大陸

地形は安定しないですが、エネミーが狩りやすい…。「何故だろう…、エネミーが寄ってくるからかな?」

あくまで僕個人的な意見なので、参考程度にお願いします。

まとめ

アドバンスクエストの味を覚えてしまったら、レベル上げはアドバンスクエストしか思いつかなくなるだろう。

特に、タガミカヅチに出逢えばテンションは一気に上がるだろう!

さぁ!今日もレベル上げに出発だ!


スポンサーリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする