PSO2『アドバンスクエスト』リスクを上げる。メリットとデメリットは?

PSO2 アドバンスクエスト リスク

アドバンスクエストのリスクとは?

リスクが上がることにより、エネミーのレベルも上がっていき、侵食エネミーの出現確率や、レアボスエネミーの出現確率が上がっていきます。

それと伴い、経験値の増加を見込めます。

アドバンスクエストでレベル上げをする時の基本的な講座。

リスクの上げ方は?

『アドバンスクエスト』を受注後に、『スタートゲート前』にて、下記の画像が確認される。

PSO2 アドバンスクエストリスク

『リスクアップ』を押すと、下記の画像が確認されます。

リスク

アドバンスリスクは、(初期)0~(上限)50まで。

リスクの上げ方については、2手順あります。

①リスクを上げたい『アドバンスクエスト』を受注し、そのままクリアすることにより、リスクが+1加算される。

例えば、リスクが+3から始まったとする。リスク+3のアドバンスクエストを一度クリアする事により、リスクが+1加算され、現状リスクが+4とされる。

②アドバンスカプセル1個につき、リスクを+1上げることが可能。(最大50個の使用が可能)

使用方法は…、ゲート前で、出発時に必要とされる、カプセルのみ使用可能。

リスクを上げるメリット

①エネミーのレベルが上がり、侵食エネミーの出現確率や、レアボスエネミーの出現確率が増加して、経験値の獲得値が上昇する。

②レアドロップ率が少し増加する。
リスクを50まで上げると、レアドロップ率の違いがすごくわかるかと思います。
※リスクを上げているPTリーダーが一番ドロップ率が上昇する。

③2人~4人PTで行く場合、PTリーダーの現在のリスクで受注が可能。
他のメンバーのリスクは気にしなくて良いため、PTリーダーの現在のリスクでクエストに望めます。

リスクを上げるデメリット

①エネミーが強化され、エネミーの耐久力や攻撃力などが上がり、火力が必要になってくる。

②リスクを上げるのはいいが、リスクを1週間の間下げる事が出来ない。

③リスクを上げるのはいいが、1週間でリスクが0まで下がる。
カプセルを使用し、リスクを上げるのはいいかと思うが、1週間でリスクが0まで下がるため、非常にもったいなく感じる。

まとめ

僕の場合だと…リスクをカプセルで一気に上げることは、あまりおすすめできないと思っています。

VHならカプセルはすぐ貯まるので、上げてもいいですが。

SHの場合だと、カプセルを10個も使用しないといけない状態で、カプセルが全然貯まらないため、リスクを上げることに使うのが非常にもったいないというイメージが強いですね。

【初心者】アドバンスクエストで特定のカプセルを稼ぐ場所。

結論…。

VHのリスクを上げる際、ガンガンカプセルを使用してもいいが、

SHのリスクを上げる際、カプセルを無駄使いしないようにしましょう!


スポンサーリンク



スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする